*
 ■  OP25B「SMTP認証」を解除

パスワードを要求する画面が出て、メールの送信が出来なくなることがあります。

その際は、ご利用のメールソフトの「SMTP認証」の設定を、次のように変更する必要があります。
この場合、※ 「POP Befor SMTP認証」になります。

メールソフトを選択してください。
 | Outlook Express/Windows Mail | Outklook | MacMail | Thunderbird | nPOP |


*
*
*

 Microsoft Outlook Express / Windows Mail のとき


「ツール」メニューから「アカウント」を選択して下さい。
「メール」から使用するアカウントを選択し、「プロパティ」 をクリックして下さい。
「サーバー」のタブから次の設定をします。



このサーバーは認証が必要(V)」のチェックをはずして、「適用」ないし「OK」をクリックしてください。

*
*
*


 Microsoft Outklook のとき


「ツール」メニューの、「電子メールアカウント」の設定画面から、ご利用のメールアカウントを選択。
「変更 」 をクリックすると、「インターネット電子メールの設定(POP3)」の画面が現れます。
この画面の「詳細設定(M)」をクリックし、「送信サーバー」を選択し、次の設定をします。



ポートは一般的に「587」です。プロバイダによっては「25」で使用できることもあるかもしれません。
「送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)」 「メールを送信する前に受信メールサーバーにログオンする」 を順にチェックし、「OK」をクリックしてください。
※これで、POP befor SMTP認証の設定になります。

*
*
*


 Mac Mail のとき

   
 「Mail」メニューから「環境設定...」を選択、「アカウント情報」を選択します。
 「送信用メールサーバ(SMTP」のところの「サーバー設定」をクリックします。
 
 
  ポートは一般的に「587」です。プロバイダによっては「25」で使用できることもあるかもしれません。
 認証は、「なし」を選択し、「OK」をクリックしてください。

*
*
*


 Mozilla Thunderbird  のとき


  Thunderbirdでは、定義するメールアドレスごとに、使用するSMTPサーバーを定義できます。
  クイックサーバーでご利用のメール送信に使用するSMTPサーバーのみ、以下の確認をして下さい。
   
 
  SMTPサーバーから、利用するSMTPサーバーを選択して「編集(E)」を選択してください。

 
 
  ポートは一般的に「587」です。プロバイダによっては「25」で使用できることもあるかもしれません。
  「ユーザー名とパスワードを使用する(U)」がチェックされていないことを確認して「OK」をクリックして下さい。

*
*
*


 nPOP のとき

 
  nPOPでは、「アカウント(T)」メニューの「追加」もしくは「設定」から、アカウント設定を選んで設定します。  

 
 
  ポートは一般的に「587」です。プロバイダによっては「25」で使用できることもあるかもしれません。
  「POP befor SMTP」をチェックして下さい。



*
*
*
/ 閉じる / レンタルサーバー、ドメイン取得ならクイックサーバー /